無料サポートで留学後に日本で使える資格が取得できる。日本の高校を海外で卒業できる

ビザの種類

オーストラリアで留学されるには、観光ビザ、ワーキングホリデービザ、学生ビザの3つがあります。
どちらのビザもインターネットからオンラインで申請することが可能です。

(1)観光ビザ

3か月以内の留学なら観光ビザで留学が可能です。
この期間内であれば、オーストラリア国内を旅行したり学校に通ったり自由に過ごすことができます。
ただし、アルバイトは禁止されています。
申請はオーストラリア移民局のホームページから申請が可能ですが、ビザ申請代行業者に頼んだ方が500円~1000円ほどで取得が可能です。
観光ビザの方は、ビザ申請代行業者にお願いする方が、格安で安心ですね。「どこを利用していいかわからない!」という方はお知らせください。ご案内いたします。
滞在期間・・・連続して3か月間
就労・・・不可
就学・・・滞在中は可能
年齢・・・制限なし

(2)ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデーとは、オーストラリアで休暇を過ごすことを目的としている若者に対して発給されるビザプログラムです。ボランティアを含め”現地で働くこと”が認められているのが特徴です。滞在資金を補いながら、オーストラリアでしか得ることの出来ない経験を積むことができます。 特にオーストラリアはとっても広い大陸です!滞在地を変えながら、オーストラリアをぐるっと回ってみたい、働きながら旅行したい、英語力をアップしながら旅行資金を貯めたい、といった様々な目的に応じてプランを立てるには、ワーキングホリデーは最適なビザです。
ビザの申請費用は$440となっております。(2015年10月31日現在)
こちらも費用の支払いは観光ビザ同様、
申請時に登録するクレジットカードからの引き落としとなります。
滞在期間・・・12か月(ビザの有効期限内であれば、何度でも出国・再入国が可能。ただし、出国している期間も12か月のうちに含みます)
就労・・・滞在中の生活費などを稼ぐために、同一雇用主のもとで最長6か月間の就労が可能。
就学・・・最大4か月(17週間) J-SHINEコースはこの期間に含まれません
年齢・・・申請受理時点の年齢が18歳以上30歳であること (出発は31歳でも可能)
ビザの申請が心配という方はお知らせください。

(3)学生ビザ

学生ビザは、学校に通う長さに合わせて申請をします。特に期間の制限がないので、留学される方のプランに合わせての申請です。オーストラリアの学生ビザは、アルバイトをすることが可能であることから、
現地で学費を稼ぎつつ、語学学校をご卒業後も専門学校のコースに進まれ、
ビザを延長しながら何年も現地にご滞在されている方もおられます。
最初は観光ビザでオーストラリアへ入国し、オーストラリア国内で
学生ビザに変更することも可能です。
滞在期間・・・申請した期間
就労・・・2週間で40時間(ホリデー中は制限なし)
就学・・・希望の留学期間
年齢・・・制限なし
ビザの申請費用は$550となっております。(2015年10月31日現在)
こちらも費用の支払いは他の2つのビザと同様、
申請時に登録するクレジットカードからの引き落としとなります。

bt_seikyubt_contactbt_counseling
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
ggcjapan LINE IDは 「ggcjapan」です。
上記QRコードをLINE→その他→友達追加→QRコード から読み取っていただけますと友達に追加されます。
お気軽に追加・お問合せください。

side01

PAGETOP